産業用カメラに関するFAQ/カメラから取得した画像をOpenCVで画像処理できる画像フォ...

カメラから取得した画像をOpenCVで画像処理できる画像フォーマットに変換する方法を教えてください。(No.209)

C言語でOpenCVを使用するとき、画像の管理はIplImage構造体、その他の行列の管理はCvMat構造体を用います。 C++言語でOpenCVを使用するときには、cv::Matクラスを利用して画像と行列を統一して管理します。

BU/DU/BGカメラで取得した画像データをOpenCVで処理するときは、IplImage構造体またはcv::Matクラスのオブジェクト内の画像データバッファにTeliCamSDKのAPIを使用して取得した画像データを書き込んでから、各種画像処理を行ってください。カメラから取得した画像データがBayerタイプフォーマットまたはYUVフォーマットの場合は、24bit BGRフォーマットに変換した画像データをIplImage構造体またはcv::Matクラスのオブジェクト内の画像データバッファに書いてください。

添付ファイルにIplImage構造体またはcv::Matクラスオブジェクトにカメラから取得した画像データを書き込む処理の例を記載しましたので参考にしてください。

戻る

このFAQは、お役にたちましたか?

今後のFAQ作成の参考にさせていただくため、FAQについてのご意見等をご入力ください。(800文字以内)
下記にご記入いただいても、回答できませんのでご了承下さい。